あの日のじぶんに会いに行こう。こどもとオトナのココロをつなぐ「大人メルヘン」音楽ショー

Profile

飯田 夕 (いいだ ゆう)

トイピアノやパーカッション小物で叩き語る、個性派癒しアーティスト。

IMG_0419--200x300

広島県広島市出身。

3歳から音楽を始める。4歳の時、広島フラワーフェスティバルちびっこのどじまんコンテストにて、幼い子ならではの怖いもの知らずの爆笑ステージを繰り広げ、見事グランプリ受賞。

複数の社会人バンドでドラムを叩きながら、並行して自身の曲作りを始め、心が動いた瞬間に映像として浮かんでくる心象風景を表現。

2013年より、飯田夕としてソロ活動を本格始動。両手両足を駆使して小物楽器をあやつりながら歌う様は、周囲に衝撃を与える。

2013年5月に1st demo「きのこダンス」をリリース。自由が丘FM「ちょっと遅めのティータイム」パーソナリティをつとめる(2013年1月~2014年3月)。

2015年1月に1st album「不器用なハミング」をリリース。

 

キャッチフレーズは”大人メルヘン”

社会の中で大人として生きる自分と、誰もが奥底に持っているこどもの頃から変わらない自分。

キノコや花屋といった独特のモチーフと耳に残るメロディーで、ちょっと無理をして固まっていたココロがほぐれるような、どこか懐かしくあたたかい世界観を届けている。

 

その表現は音楽のみにとどまらず、エッセイやトーク、さらに他ジャンルとのコラボレーションで大人メルヘンワールドを多様な形で具現化することを試みている。

 

音楽活動と並行し、約5年勤めた企業を退職して大学院にて臨床心理学を学ぶ。

卒業後の現在は、心理セラピストとして主に子どもと関わる仕事も行っている。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE
PAGETOP
Copyright © 飯田夕official website All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.